機械試験
引張試験 高速引張試験 アイゾット衝撃試験 デュポン式衝撃試験 ダート式衝撃試験 高速面衝撃試験 打抜きによるせん断試験 摩耗輪による摩耗試験 表面切削試験(SAICAS)
電気試験
表面抵抗率・体積抵抗率 絶縁破壊試験 帯電性(ロータリースタティック法) 帯電性(オネストメーター法) 比誘電率・誘電正接(自動平衡ブリッジ法) 比誘電率・誘電正接(円筒空胴共振器法)
粘弾性試験
動的粘弾性測定
熱特性試験
荷重たわみ温度測定 脆化温度試験 比熱 熱伝導率 線膨張率(TMA) 熱膨張率(レーザー干渉法) 示差走査熱量測定(DSC) 温度変調示差走査熱量測定(MDSC) 示差熱・熱重量測定(TG/DTA)
流動性試験
高化式フローテスター キャピログラフ
ガス透過度測定
ガス透過試験 酸素透過試験 水蒸気透過試験(MOCON法) 水蒸気透過試験(カップ法)
燃焼性試験
UL94燃焼試験 FMVSS燃焼試験
光学的試験
色の測定 光線透過率 光沢度
促進耐候性試験
促進耐候性試験 サンシャインウェザーメーター キセノンウェザーメーター 紫外線フェードメーター
超促進耐候性試験
アイスーパーUVテスター メタルウェザー デューパネルウェザーメーター
疲労試験・クリープ試験
疲労試験 クリープ試験
塩水噴霧試験
複合サイクル試験
塩水噴霧試験、複合サイクル試験 大型塩水噴霧試験、大型複合サイクル試験
耐熱試験・耐湿試験
耐熱試験 耐低温試験 恒温恒湿試験 冷熱衝撃試験(気槽) 冷熱衝撃試験(液槽) 冷熱衝撃試験(抵抗評価)
元素分析
イオンクロマトグラフィー(IC) 蛍光X線分析
水分分析
カールフィッシャー水分測定
形態解析・表面分析
電界放射型走査電子顕微鏡(FE-SEM) 電界放射型走査電子顕微鏡 エネルギー分散法(FE-SEM_EDX) エネルギー分散法(EDX)による元素マッピング 電界放射型分析透過電子顕微鏡(FE-TEM) 集束イオンビーム装置(FIB) 電子プローブマイクロアナライザー(EPMA) 電子プローブマイクロアナライザー(EPMA)元素分析(WDX) X線光電子分光分析(ESCA/XPS) 低エネルギーイオン散乱分光分析(ISS) 飛行時間型二次イオン質量分析(TOF-SIMS) X線回折(XRD) 超音波探傷試験 破壊解析(フラクトグラフィ) 破壊解析(ソルベントクラック)
化合物分析
フーリエ変換赤外分光分析(FT-IR) フーリエ変換赤外分光分析(FT-IR)オートマッピング ガスクロマトグラフ質量分析(GC/MS) 熱分解ガスクロマトグラフ質量分析(Pyro-GC/MS) ゲル浸透クロマトグラフ分析(GPC) 液体クロマトグラフ分析(HPLC)

試験方法と測定例

当社の提供する分析、測定方法の一覧です。
それぞれの測定方法での原理、特長、測定例、用途を紹介しています。

UL94燃焼試験

原理

垂直または水平に保持した平板状試料の一端に20mm炎を所定の時間接炎し、燃焼時間および
燃焼速度により耐燃性評価を行います。

  • 垂直燃焼試験:V-0、1、2
    垂直に保持した試料の下端に20mm炎を10秒間接炎させた後、燃焼が30秒以内に止まった
    のであれば、さらに10秒間接炎させて、燃焼時間や滴下物、燃焼到達位置により評価します。
  • 水平燃焼試験:HB
    試料の片端を固定して水平に保持した状態で、逆の端に30秒間20mm炎を接炎させた後、試料が燃焼を続けたのであれば、燃焼速度を測定することにより評価します。

特微

  • 《Underwriters Laboratories Inc.》の定めた安全基準に準拠した評価が可能です。

判定基準

  • 垂直燃焼試験:V-0、1、2
判定基準 V-0 V-1 V-2
各サンプルの1回目または
2回目接炎後の有炎燃焼時間
≦10秒 ≦30秒 ≦30秒
10回(2回目の接炎を含む)
の接炎後の有炎燃焼時間の合計
≦50秒 ≦250秒 ≦250秒
2回目の接炎後の有炎燃焼時間
と赤熱燃焼時間の合計
≦30秒 ≦60秒 ≦60秒
クランプ下2mmに達する有炎燃焼
または赤熱燃焼
有炎滴下物による脱脂綿着火
  • 水平燃焼試験:HB

判定基準

  1. ①厚さが3.0~13mmの試料は、燃焼速度が毎分40mmを超えない
  2. ②厚さが3.0mmより薄い試料については、燃焼速度が毎分75mmを超えない
  3. ③試料の端から100mmの点に達する前に燃焼が止まる

用途

各種素材の燃焼性評価

サンプルサイズ

試験片 13mm×125mm×tmm

規格例

《Underwriters Laboratories Inc.》の定めたUL94(プラスチック材料の燃焼性試験)