住ベリサーチ株式会社 プラスチック分析評価・情報調査の、新たなステージを創造する。
分析試験項目 試験方法と測定例 解析事例 特許・技術動向調査 技術分類リスト 調査研究レポート お問い合わせ 住ベリサーチ株式会社
試験方法と測定例
 
当社の提供する分析、測定方法の一覧です。
それぞれの測定方法での原理、特長、測定例、用途を紹介しています。
 破面解析2
ソルベントクラックとは環境応力亀裂の一種であり、プラスチック成形品の割れの多くを占めています。成形品に大きな内部応力(歪み)が存在する場合、ソルベントクラック性を有する薬品や油と接触すると、これらの薬品・油が成形品中に浸透することによって分子間の滑りがよくなり、応力が急速に解放されるときにクラックが発生すると考えられています。
この際、分子剥離が生じるため、凹凸がなく鏡面状の非常に光沢に富む破面を呈することが大きな特徴です。
1. 試料 : アクリル成形品
2. 目的 : 特定のロットのプラスチック成形品だけに割れが多数発生するため、
その原因究明を行いました。
3. 環境 : 薬品と接触しています。
ただし、成形品の設計および使用薬品などは従来からの変更点はありません。
1. 割れの発生原因
2. 特定のロットだけに割れが発生する原因
ステップ1 : 顕微鏡による破面解析の結果、全体的に鏡面状のきれいな破面をしていることより、割れは薬品に起因すると推定しました。(写真−1)
ステップ2 : 熱機械分析(TMA)により、残留応力の相対指標となる熱膨張率を測定した結果、正常品と比較して、割れが発生したロットは熱膨張率が大きいことが確認されました。
つまり、成形品のロット間で残留応力に差があると考えられます。(グラフ−1)
(写真−1) (グラフ−1)
上記の分析結果から、割れの直接の発生原因は薬品、つまりソルベントクラックによるものと考えられます。ロットによる割れの発生・未発生の違いについては、成形品に内在する残留応力(歪み)量の差が潜在要因と考えられます。
促進耐候試験
超促進耐候試験
超促進耐候試験
(アイスーパーUVテスター)
疲労試験
クリープ試験
応力緩和試験
複合塩水噴霧試験(塩乾湿複合サイクル試験機)
冷熱衝撃試験
蛍光X線分析
走査電子顕微鏡(SEM)
+X線マイクロアナライザー(EDX)
FE-SEMによる形態観察
EDXによるカラーマッピング
破面解析1
破面解析2
フーリエ変換赤外分光分析(FT-IR)
FT-IRオートマッピング
ガスクロマトグラフ質量分析(GC-MS)
液体クロマトグラフ分析(HPLC)
熱分解ガスクロマトグラフ分析(Py-GC)
X線回折(XRD)
熱重量・示差熱同時分析(TG-DTA)
示差走査熱量分析(DSC)
ゲル浸透
クロマトグラフ分析(GPC)
引張試験(超低温槽付き)
高速引張試験
高速面衝撃試験
三次元表面粗さ測定
荷重たわみ温度測定(HDT)
脆化温度試験
熱機械分析(TMA)
色の測定
流動性試験
(高化式フローテスター)
流動性試験
(キャピログラフ)
流動性試験
(ラボプラストミル)
動的粘弾性測定
水分測定
(カールフィッシャー水分計)
超音波探傷試験
会社概要とアクセス個人情報についてサイトマップ