住ベリサーチ株式会社 プラスチック分析評価・情報調査の、新たなステージを創造する。
分析試験項目 試験方法と測定例 解析事例 特許・技術動向調査 技術分類リスト 調査研究レポート お問い合わせ 住ベリサーチ株式会社

調査研究レポート

特許から見た放熱有機材料の最新動向V NEW 

 本レポートは好評をいただいている調査研究レポート「特許から見た放熱有機材料の最新動向」シリーズの続編(V)として発刊するものです。パワー半導体のパッケージに代表されるように、放熱有機材料のニーズはさらに高度となっています。
 過去、(T)巻では2005年1月〜2009年2月の、そして(U)巻では2009年〜2010年5月の公開特許を調査しました。前回から時間も空き、技術はますます進歩しています。今回の(V)巻では、最新の2013年1月〜2016年2月の関連公開特許1,482件から171件を抽出し、製品形態別にその技術的特徴を紹介しました。皆様の研究開発の一助となることを期待しています。

体裁 A4判 240ページ

定価 54,000円(税抜価格50,000円、送料弊社負担)

発行 2017年3月  住ベリサーチ株式会社

ご注文は こちら から

一覧に戻る


目次

 はじめに 1
第1章 概要  2
 1.1 電気・電子機器、自動車における放熱の要求 2
 1.2 放熱の基礎 3
  1.2.1 放熱の形式 3
  1.2.2 絶縁体の熱伝導 5
 1.3 放熱技術の概要 5
  1.3.1 放熱材料と放熱デバイス 5
  1.3.2 放熱向上の取り組み 6
    1) 金属材料 6
    2) 炭素材料 7
    3) 複合系高分子材料 7
       参考文献 10
   
第2章 有機放熱材料の特許動向 12
 2.1 樹脂、ポリマー材料 12
  2.1.1 熱可塑性樹脂 12
  2.1.2 熱硬化性樹脂 17
 2.2 有機・無機フィラー 23
  2.2.1 窒化アルミニウム系フィラー 23
  2.2.2 窒化ホウ素系フィラー 24
  2.2.3 アルミニウム・リン酸塩系フィラー 27
  2.2.4 酸化亜鉛系フィラー 28
  2.2.5 酸化マグネシウム系フィラー 29
  2.2.6 シリカ・ケイ酸塩系フィラー 31
  2.2.7 炭素系フィラー 32
  2.2.8 表面処理フィラー 34
  2.2.9 複合フィラー 41
  2.2.10 マイクロカプセル構造フィラー 45
  2.2.11 有機フィラー 47
   
 2.3 樹脂組成物 49
  2.3.1 熱可塑性樹脂組成物  49
  (1) ポリオレフィン系樹脂組成物 49
  (2) ポリカーボネート系樹脂組成物 53
  (3) ポリビニルアセタール系樹脂組成物 60
  (4) ポリエステル系樹脂組成物 62
  (5) ポリアリーレンスルフィド系樹脂組成物 68
  (6) ポリアルキレングリコール系樹脂組成物 69
  (7) ポリアミド系樹脂組成物 71
  (8) ポリエステルイミド系樹脂組成物 74
  2.3.2 熱硬化性樹脂組成物 75
  (1) エポキシ樹脂系組成物 75
  (2) ポリウレタン系組成物 89
  2.3.3 シリコーン系樹脂組成物 90
  (1) 特定構造のシロキサン表面処理剤 90
  (2) 特定のオルガノハイドロジェン環状ポリシロキサン 93
  (3) 特定の銀粒子フィラー 95
  (4) 特定の表面処理法金属ケイ素フィラー 96
  (5) 特定の粒度分布を持つアルミナフィラー 97
  (6) フィラー濡れ剤 98
  (7) フタロシアニナト系顔料熱安定剤 99
  (8) 希土類熱安定剤 100
  (9) シリコーンゴム 101
  2.3.4 ポリイミド系組成物 102
  2.3.5 フッ素樹脂系組成物 106
  2.3.6 エラストマー組成物 107
  (1) 水添熱可塑スチレン系エラストマー/表面被覆酸化マグネシウム 107
  (2) 架橋スチレン系エラストマー 109
  (3) ポリエステル系エラストマー 110
  (4) 熱放射性フィラー 111
  (5) エラストマー成形物の連続成形方法 112
  2.3.7 添加剤 114
 
 2.4 炭素系材料 116
  2.4.1 グラファイト・黒鉛系材料 116
  2.4.2 カーボンナノチューブ系材料 121
  2.4.3 グラフェン系材料 130
  2.4.4 炭素繊維系材料 132
 2.5 成形体 134
   
 2.6 プリプレグ、積層板、回路基板法 140
  2.6.1 プリプレグ 140
  2.6.2 積層板、回路基板 142
   2.6.2.1 金属ベース基板 142
   2.6.2.2 回路基板 145
   
 2.7 シート・フィルム・パッド 149
  2.7.1 熱可塑性樹脂シート・フィルム 149
  2.7.2 熱硬化性樹脂シート・フィルム 158
  27.3 シリコーン系シート 168
  2.7.4 エラストマー系シート 174
  2.7.5 フッ素樹脂系シート・フィルム 176
  2.7.6 ポリイミド系シート・フィルム 179
  2.7.7 フィラーの配向割合を規定したシート 184
  2.7.8 特定のフィラーを組み合わせたシート 185
  2.7.9 Wベルトによるシートの製造方法 186
  2.7.10 相分離樹脂構造を利用した熱伝導性フィラーの高密度化 187
  2.7.11 パッド 189
 2.8 接着剤・粘着剤・接着シート・粘着シート 191
   2.8.1 接着剤・粘着剤 191
  (1) (メタ)アクリル樹脂系 191
  (2) 熱硬化性樹脂系 196
  (3) シリコーン系 202
    2.8.2 ダイアタッチ・ペースト(導電性接着剤) 204
    2.8.3 粘着シート・接着シート 208
    2.8.4 メタライズ化接着用材料 216
 2.9 グリース、パテ 218
   2.9.1 シリコーン系 218
   2.9.2 非シリコーン系 227
 2.10 塗料 230
第3章 放熱有機材料の出願の動向 236
 結 語 240

会社概要とアクセス個人情報についてサイトマップ