住ベリサーチ株式会社 プラスチック分析評価・情報調査の、新たなステージを創造する。
分析試験項目 試験方法と測定例 解析事例 特許・技術動向調査 技術分類リスト 調査研究レポート お問い合わせ 住ベリサーチ株式会社

調査研究レポート

ポリマー光導波路材料・デバイスの最新動向
−ユビキタス情報社会の実現に向けて−

 情報を大容量で高速に通信できる技術なしでは、ユビキタス情報社会の到来はありません。これを可能にする技術が光デバイスであり、その要求がローエンドにまで及んでいます。これに解を与えるのがポリマー光導波路です。本調査研究レポートはポリマー光導波路材料開発の変遷、最近の新材料、試作されたポリマー光導波路デバイスについて紹介します。

体裁 A4判 172ページ

定価 102,600円(税抜価格95,000円、送料弊社負担)

発行 2003年6月 住ベリサーチ株式会社

ご注文は こちら から

一覧に戻る

目次

第1章 はじめに 1
参考文献 6
第2章 光通信システムと光導波路デバイス開発の概観 7
2−1  光産業の規模と光導波路 7
2−2  光テクノロジーロードマップと光導波路デバイス 9
2−3  光通信システムにおける光導波路デバイス 10
 石英ファイバー 13
 プラスチックファイバー 14
 石英系光導波路 16
 AWG 波長フィルター(合分波器) 21
 アサーマル AWG 23
 AWG 波長可変フィルター 24
 高機能集積型 AWG 回路 25
 光スイッチ 26
 アドドロップデバイス 28
 その他の石英系光導波路 PLC デバイス 29
2−4  光配線の動向 30
2−5  ポリマー光導波路研究開発機関、企業 33
2−6  ポリマー光導波路関連の特許出願状況 37
参考文献 38
第3章 光導波路材料・デバイス開発プロセスと評価 40
3−1  ポリマー光導波路材料・デバイスの開発プロセス 40
3−2  光導波路伝搬損失測定 46
3−3  ポリマー光導波路の光吸収損失と散乱損失 47
3−4  ポリマー光導波路の複屈折評価 49
3−5  ポリマー光導波路の加工表面の評価 50
参考文献 52
第4章 ポリマー光導波路材料 53
4−1  ポリマー光導波路材料の研究開発変遷 53
4−2  ポリマー光導波路材料への要求条件 55
耐熱性・耐湿性および信頼性 55
光透過性・光伝搬損失 55
屈折率制御 57
薄 膜 化 58
4−3  フッ素化ポリイミド系樹脂 61
4−4   PMMA 系樹脂 65
4−5  重水素化ポリシロキサン 67
4−6  シリコーン樹脂 69
4−7  エポキシ系樹脂 70
4−8  非晶質パーフルオロ樹脂 72
4−9  機能性ポリマー光導波路材料 74
4−10  フォトブリーチング材料 76
4−11  電子ビーム・レーザビーム描画による光導波路形成材料 81
4−12  転写型光導波路材料 85
 オムロン 85
 三井化学 88
 PROMERUS 89
そ の 他 91
4−13  ポリマー光導波路材料関連の特許 94
参考文献 95
第5章 ポリマー光導波路デバイス 98
5−1  方向性結合器 100
5−2  波長多重合分波器 101
5−3  熱光学効果を用いた光導波路デバイス 107
5−3−1  可変光減衰器 107
5−3−2  光スイッチ 109
5−3−3  波長可変フィルター 115
5−4  ポリマー導波路光スイッチ(熱光学スイッチ以外) 121
 跳ね橋型ポリマー導波路スイッチ 121
 毛管現象マイクロ光スイチ 123
5−5  ポリマー光導波路フィルム 125
 ポリマー光導波路フィルム 125
 電気光混載デバイス用光波路フィルム 130
5−6  ポリマー光導波路デバイス関連の特許 131
参考文献 132
第6章 ポリマー導波路光伝送モジュール 134
6−1  光回路実装技術 134
6−2  自己形成導波路による光接続技術 139
6−3  ポリマー導波路光伝送モジュール 143
参考文献 151
第7章 ポリマー光導波路に関連する最近の話題 153
7−1  ポリマーマイクロレンズアレイによる光導波路との結合 153
7−2  導波路ホログラム型光メモリ 156
7−3  ポリマー光導波路のセンサへの応用 158
7−4  有機 EL とポリマー光導波路の結合 160
参考文献 162
第8章 結  び 163
略 語 表 165
参考特許 166

会社概要とアクセス個人情報についてサイトマップ